自分に出来る範囲で行う

不動車といえど、最低限の整備は必要です。事故車などの壊れてしまったバイクを除いては、不動車にも程度というのがあります。いつから乗っていないのか、いつから整備を行っていないのか、ただ動かしていないからエンジンがかからなくなったのか、それとも故障したから動かしていないのかなど、不動車であってもわずかな整備で動くものから、部品取りにしかならないものまで、買取には差がでます。そのため不動車であっても、自分のできる範囲で整備は行っておきましょう

このわずかな手間が買取価格にかかわってきます。ただ自分の手間はかけても、お金はかけないようにしましょう。例えばタイヤを新品に履き替えても、不動車しかも大きな修理をしなくてはいけない場合は付け替える価値はありません。お金はかえず自分の手間だけで済ませるようにしましょう。

中古車の買取は、プレミアがついているものを除いては新車に近づけば近づくほど高くなります。そのため不動車となると、価値は下がって当たり前になってしまいます。ですが最初の項で示したように、買取に出すときは不動車であることが多く、たとえ事故車であっても買取を行ってくれる業者は存在します。不動車だからといって廃棄するのではなく、業者を呼ぶことをお勧めします。