中古バイクの現状

不要になったバイクを高く買取ってもらう方法は数多く存在します。またその方法はインターネットではいくつもサイトが存在し、手広く出回っています。ですがよく考えてみると、現実とそぐわない面がでてくるのです。それは不要になったバイクの現状です。

不要になったバイクのほとんどは、乗らなくなったバイクです。ではいつから乗らなくなり、不要になったのでしょうか?車検やあり、保険があるとバイクには乗ります。また車検や保険がかかっていても、故障して乗れなくなった場合もあるでしょう。今日、今この瞬間から乗らないというケースはほとんどありません。いろいろな都合により乗る機会が減ったというパターンがほとんどです。そしてバイク乗りは思います。お金が貯まったら、時間が取れたらと。ですがなかなかその機会はやってきません。時間だけが経過し、車検が切れ、保険が切れ、税金の関係上ナンバーだけは切ったものの、いつか直す(おこす)と思いつつ不動車になっていくのです。

このようなバイクですので、出回っている情報に該当する買取はあまり当てはまりません。査定をしてもらうにも乗っていくわけにもいきませんし、乗せていく車もありません。以前ですとかなり困った問題ですが、その問題は解決できるようになりました。といいますか業者側もその要望に応えるように対処しています。それは出張査定です。動かないバイクが多いのですから、業者側が現場へ向かってくれるのです。